「働き方改革!」現役SE18年目が伝えたいExcelを100倍使いやすくする小技

IT的な奴

今日はみんな大好きEXCELの小技紹介の第一弾です!

前回の記事はこちら

Excelは表計算ソフトなんですが
いろんな場面で「それWordでやったほうが早くない?」っというような資料もExcelでやりがちです。
報告書、議事録、マニュアル、点検表、チェックリスト、その他諸々…

ほんとは適材適所でExcel/Wordを使い分けた方が効率的だと思っています!
システム屋に勤めていた時は結構使い分けていましたが、普通の会社にくるとExcel一本勝負な印象を受けます。(たまにWordを使っていてもメモ帳の延長だったり)

けど!そんなこだわりは捨てて、とにかくExcelが便利になる方法を紹介します!

だって、新しいフォーマット作ったり、Wordのコトまで覚えるの大変じゃん!

とにかく楽(時短)をさせてくれー!

それでは本日もよろしくお願いします!

必殺!クイックアクセスツールバー!!

「Excelじゃー!!」っと息巻いていましたが、一発目からOffice全般(Excel、Word、PowerPointどれでも)で使える技の紹介です。
だってこれが圧倒的に効率があがるのです!

本日さわって行くのはこの「リボン」のトコロです。

はじめてOfficeに「リボン」があらわれたのがOffice2007の頃、最初に見たときは「またMicrosoftが改悪してきたわ」なんて思ってました。
しかし、よく使う機能を分類毎に表示してくれていて、色々な機能を効率的に使える、よくできた機能になっています。分類毎にボタンを表示することで「こんな機能もあるんだよ!」っとアピールする狙いがあったそうです。

けど、普段の業務でこんなに沢山のボタン使わなくない?

それより、文字の大きさを変えた後、挿入タブでテキストボックスを追加して…

並び替えってどこにあったっけ?

そんなのを解決してくれるのがクイックアクセスツールバーです。

そんなのを解決してくれるのが

クイックアクセスツールバーです!

よく使うボタンを右クリックして、「クイックアクセスツールバーに追加」します。


すると、上のこの部分にボタンが追加されます!


いろんなタブにある、よく使うボタンを追加していくとこんな感じになります。

これで、タブをあっちこっち行かずによく使うボタンだけ使えます!

さらに、クイックアクセスツールバーの位置を、リボンの下に移動すると

こんな感じになって


リボンを閉じるとスッキリします!


同じウィンドウサイズでも表示できる情報量が増えるのです!

ないときのほうがええんかーい!

(関西の人だけわかります)

最近のモニタは横長やから、縦に作業領域が広がるのは助かるんじゃー!
Excel関係ないけど、タスクバーも下より画面の左に縦表示の方がええよー!

クイックアクセスツールバーをリボンの下に表示するかは、気分の問題なのでどっちでもいいです。
リボンの上にあるほうが、さらに作業領域は広がります。
私は下にある方が使いやすいなと感じています。

追加したボタンの整理は、▼を右クリックして、「その他のコマンド」をクリックすると

Excelのオプション画面が開き、ボタンの追加や削除、▲▼で表示の並替えができます。

また、ここでリボンには出ていないボタンでおすすめの機能は
この「濃い網掛け」と「薄い網掛け」です。

「塗潰し」「薄い網掛け」「濃い網掛け」をセットで並べておくと、下記のような表がチャチャっとできあがります。

最後に

クイックアクセスツールバー!っだけで、結構な量になったし時間もかかっちゃったので、今日の紹介はここまでとさせて頂きます。Excelの小技はこの記事にどんどん追加編集していこうかなと思います!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!
ぜひ、今日から使ってみてください!

それではみなさんご一緒に

クイックアクセスツールバー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました